1. HOME
  2. ダイエットコラム太る原因は代謝酵素が足りないこと!代謝酵素が不足する原因と対策法

太る原因は代謝酵素が足りないこと!代謝酵素が不足する原因と対策法

太る原因は代謝酵素が足りないこと!代謝酵素が不足する原因と対策法

いくら運動しても全然痩せない、なんて方は代謝酵素が不足している可能性があります。代謝酵素とは人間の体内に存在する酵素のひとつで、これが不足することで様々な弊害が出てくるのです。今回はそんな代謝酵素の不足原因と対策法をご紹介します。

代謝酵素って?

酵素自体は知っているけど代謝酵素って何だろう、という方のためにまずは代謝酵素の説明をしましょう。そもそも人間の体内には2種類の酵素が存在しており、これを消化酵素と代謝酵素に分けています。

消化酵素とは読んで字のごとく、我々が食べた物を体が吸収しやすいように消化、様々な成分を分解していきます。これに対して代謝酵素は消化酵素によって消化されたものを体の中で上手く使えるように働いているのです。消化酵素が消化したものを代謝酵素が各細胞に分配。こういった酵素のおかげで人間は毎日の生活を送れています。

代謝酵素が不足する原因

上記のような働きをもつ代謝酵素が不足すると、全身の血流が悪化することから代謝機能も低下し、太りやすくなったり便秘を引き起こしたりします。これは女性に多い冷えと同じような症状。長く続けば日常生活に支障が出てくるでしょう。

では、代謝酵素がどうして不足するのかといえば、消化酵素の働きすぎです。実は体内酵素の量というのは決められており、消化酵素の働きが忙しくなれば代謝酵素はその分だけ減ってしまいます。そのため、消化の悪い食事の多い方は代謝酵素が不足しがちです。

たとえば、毎日のように揚げ物やステーキなど、消化の悪いものを食べていませんか。こういった食事が体内に入ると、体の中では消化活動が大忙し。それに伴ってたくさんの消化酵素が消費されるので、当然ながら代謝酵素が減少します。

そして、最終的には血流の悪化から太りやすくなるのです。ちなみに、熱がある時に食欲が落ちるのは代謝酵素がウイルスなどと戦っているため。こういった逆パターンも存在します。

食生活で不足を対策

では、代謝酵素を不足させないためにはどうすればいいのでしょう。これは非常に簡単なことで、消化酵素の消費量を減らせばいいのです。先ほども説明した通り、消化酵素は揚げ物などの消化しにくいもので大量消費されます。ですので、色生活を見直していけば改善することが可能です。

たとえば、揚げ物など消化の悪いものはなるべく控え、消化の良い野菜や果物に切り替えてみる、といった風な工夫で消化酵素の消費量が減ります。また、食物繊維を大量に含んだ野菜や果物であれば消化や吸収を力強く助けてくれるでしょう。このような工夫で代謝酵素が増えるので実践してみてください。

食物酵素も摂り入れよう!

先ほど紹介しそびれましたが、実は酵素には食物酵素と呼ばれるもうひとつのものが存在します。これは、生野菜や納豆など、食品に含まれる酵素のこと。これを体内に摂り入れることでも代謝酵素は増やすことができるのです。

というのも、食物酵素には消化を助けるという力があり、このサポートを借りれば消化酵素の消費量を減らせます。そうなれば、必然的に代謝酵素の量が増え、不足することもないでしょう。

代謝酵素には基礎代謝を上げるだけでなく、老廃物の排出や肌の回復など、様々なメリットがあるので積極的に増やしていきたいところ。特に女性の方は食物酵素を大量に摂り入れて代謝酵素を増やしましょう。

ちなみに、食物酵素の摂取方法は食品一択ではありません。最近は酵素の含まれたダイエットサプリも数多く販売されています。そこで、自分が酵素不足だと思えば、こういったサプリ等の力を借りることも考えてみてください。それに、サプリならいちいち酵素の多く含まれた食品は何か考えなくていいので楽です。

食べ方や様々な工夫を取り入れてみましょう

また代謝酵素を意識するのであれば、食べもの自体だけでなく日常において様々な工夫を取り入れてみることをおすすめします。ただ食べ物だけに気をつけるのではなく、いかに消化をよくすべきか、ということを重視するだけでも出来る方法はたくさん思い浮かんでくるはずです。そこで太らないからだにするため、健康な身体を維持するためにできることを考えてみましょう。

よく噛んで食べると言う習慣

食事において基本中の基本である、と多くの方が理解していることでもあるでしょう。食べ物をよく噛んで食べるということ。頭ではわかっているはずなのに、それをきちんと出来ていない方は少なくありません。

人間は意識して食べなければ意外ときちんと噛めていないため、一般的な目標回数とされる30回に満たないまま飲み込んでしまっている場合が多いようです。自分がどうなのかを知るためには、一度食事の際に数を数えてみるといいでしょう。

思ったほど噛めていないことに気づけたのであれば改善していけばいいだけです。噛むことでアミラーゼという消化酵素が分泌されること、つまり消化をスムーズに行うためにはよく噛むということを習慣にすることが大切なのです。

食べる量にも気をつけること

また、食べる量にも気を配る必要があります。たくさん食べればそれだけ消化に時間がかかりますが、逆に言うと少なければそれほど体に負担をかけなくなるので消化もしやすくなるというわけです。食事をとる際に「八分目にしておくこと」をよく推奨されていますが、それにはこういった理由があるのです。

つねにお腹いっぱい食べてしまう習慣がある方、食べ過ぎて胃もたれする経験の多い方は注意しなければなりません。食べる量に気をつけることで代謝酵素を無駄遣いすることがなくなりますので、食べ物に気を配るだけでなく量にも気を遣うようにしてみましょう。

いずれも日常の何気ないことですが、少し気をつけるだけでもかなり変わってきます。美味しいものを美味しいだけ食べることも大切ですが、できれば少し物足りないかな?と感じるぐらいにとどめておくと安心です。

ものをしっかり噛んで食べることによって、満腹感を得やすくなるメリットもありますので、このふたつを意識すれば自然と食事の量を調節しやすくなるのではないでしょうか。まずは心がけていくことから改善する方法が見えてくるはずです。試してみてください。

  • 最高評価の口コミ星5つ「カロリナ酵素プラス」の口コミ評判は?

    © 2019 話題のダイエットlabo All Rights Reserved.