1. HOME
  2. ダイエットコラム酵素ダイエットでナッツ類に注意!酵素抑制物質の多い食品と対処法

酵素ダイエットでナッツ類に注意!酵素抑制物質の多い食品と対処法

いろいろな種類のナッツ

酵素ダイエットをする際に摂取しておきたい食物酵素ですが、食べるものによっては逆に酵素の働きが阻害されてしまうことがあるのです。特にナッツ類はその代表例となっています。

酵素抑制物質の多い食品

酵素抑制物質が多い食品は、冒頭でも話したように、まずナッツ類です。生のナッツであったり、豆類であったりというものに多く含まれており、これらを摂取すると酵素の働きが阻害されてしまい、せっかく酵素を取り入れても無駄になってしまうこともありえます。

他には卵の白身にも酵素抑制物質が多く含まれており、健康に良さそうだからと食べても、逆に酵素の働きを阻害してしまうのです。ちなみに、卵でも卵黄部分には酵素抑制物質が含まれていません。そのため、どうしても卵が食べたい場合には、卵黄だけを食べるようにしてみてください。

酵素抑制物質を取り除く

酵素抑制物質を取り除くのは非常に簡単なことです。何故なら、熱してしまえば酵素抑制物質の効果は失われます。とは言っても、熱してしまうと酵素まで壊してしまうことになるので、これでは本末転倒でしょう。

そこで、酵素抑制物質を取り除くために、ナッツ類を水に浸してみてください。こうすることで、酵素抑制物質が水に溶けていき、酵素だけを上手く残すことが出来ます。浸ける時間はおよそ半日程度。これだけ浸けておけば酵素抑制物質の効果はなくなり、気兼ねなくナッツ類などを食べることが出来るでしょう。ちなみに、浸けておいた水には酵素抑制物質が溶け出していますので、早めに捨ててください。

酵素を賢く摂るためにやるべきこと

酵素を摂り続けることは身体にとってプラスの効果を与えてくれる、ということは分かりました。しかし同時に酵素抑制物質というものも存在しているなど、思わぬところでその酵素のちからを阻害するものが発生しています。水につけるなどちょっとした工夫でその効果を失わせることは出来ますが、それを知らないままでいてはせっかくの努力も水の泡になってしまうことも。

酵素が体にいいから、とそういった上辺だけの情報をただひたすらに鵜呑みにしてしまわないこと。自分で知る努力など、積極的に酵素へ取り組む姿勢が大切です。酵素ダイエットの際はこの他にも、ストレスが大きな障害となることもあるなど、そのままでは満足のいく結果を得られないこともあります。サプリメントなどを試してみて効果が出ない、というように感じた場合は是非ご自身の体やナッツ類の食べ方など様々なものを振り返るようにしてみてください。

意外なところに原因が隠されている場合もありますので注意してみましょう。是非正しい知識をもって酵素ダイエットをしてみてください。正しく知っていることでダイエットだけでなく健康や美肌を手に入れることにも繋がりますよ。是非。

  • 最高評価の口コミ星5つ「カロリナ酵素プラス」の口コミ評判は?

    © 2019 話題のダイエットlabo All Rights Reserved.